沿革・組織図
沿革
大平洋金属株式会社の全額出資により、同社の営業部門を継承して創業。創立当初は、鋼板・銑鉄などの販売を主な業務としてスタート。大平洋金属の製品の多様化に伴い、当社の営業品目も年々増加し、鋳鋼・鍛鋼・各種ポンプ、汚泥流送装置、産業機械の取り扱い開始。グループ企業以外の商品として、油圧機器などの機械製品、アルミ関連製品の販売などに着手。
大平洋金属が各事業部を分社化、新会社に資本参加し同グループ各社の製品の販売および原材料の調達を行う商社として売り上げを拡大。
社名を「曹和金属株式会社」から「株式会社パシフィックソーワ」、英文名「PACIFIC SOWA CORPORATION」へ変更。
グループ会社である大平洋製鋼株式会社、大平洋特殊鋳造株式会社、米子製鋼株式会社と株式交換による経営統合を行い、グループの強化をはかる。
ステンレスパウダーを利用したステンレス耐蝕塗料、金属射出成型部品(MIM・QSP)、ニューセラミック製品、ダイオキシン対策用活性炭、下水道事業向け機器など取り扱い製品を拡大。


沿革図
組織図
map2.png 
単位換算表
用語集
PACIFIC SOWA CORPORATION / 株式会社パシフィックソーワ