ミキサー・分散機シリーズ

分散機

シャープフローミル(SFM型)
粉体・液体ともに微細化を一台で可能にし、生産効率をパワーアップ

◇概要

本機は粉体の微細化、分散を目的に新たに開発された高速分散機です。 ブレードと上部ケーシングの組合せにより、2タイプの分散化を実現しました。

◇特長

・粉体と液体の直接投入による微粒化が可能であり、生産効率をアップすることが出来ます。(攪拌タンクが不要)
・ショートパスが少ない為、均一でシャープな粒度分布が得られます。
・さまざまなタイプのブレードを組合ることにより、用途は拡大します。 (処理材料によってはサブミクロン単位の分散も可能)
・上段ブレードが下段ブレードの前処理の役目を果たす為、粗大粒子でも1台で要求される粒径処理が可能です。
・ポンプ機能を兼ね備え、処理液の移送が行える為、送液設備コストを低減する事が出来ます。
ファインフローミル(FM型)
プレミキシング不要⇒粉体を直接投入可能

◇概要

本機は遠心力により発生する"滞留ゾーン"に歯状剪断ブレードを回転側、 固定側に組合わせることにより、処理材料に強力な剪断力を与え、 高速回転によるキャビテーションを利用し、溶解・混練・乳化・分散作業を連続的に 行う高速分散機です。

◇特長

・粉体供給機を組合せることにより、予備撹拌機が不要となり、1台で混合・分散を同時に行います。
・吐出圧を有するための後段のポンプが不要となる場合もあります。
・低粘度液から数万CPの高粘度ペーストまで処理が可能です。
ピンミキサ(SPM型)
スパイラルピンミキサ溶解/混練型(W型)混合/加湿型(D型)
溶解・混練・加湿プロセスを連続化し、自動化システムを実現

◇概要

本機は粉体処理工程における溶解・混練・加湿プロセス用に開発された混合機(加湿分散機)であり、使用用途により溶解/混練型(W型)、混合/加湿型(D型)、乳化/分散型(S型)の3機種を用意しております。

◇特長

・連続処理の為、滞留ゾーンの作用により、連続式ミキサの欠点であるショートパス現象が発生しない為、均一な分散が行われます(ショートパス現象:未溶融・未分散・未混合のまま排出されること)
・高粘性物(50,000~100,000mPa・s)の均一混練、脱水ケーキ等の固形物の流動化が可能です。
・構造がシンプルで保守メンテも容易です。
産業機械・化学機械
本社機械部機械一課:03-4243-1222
単位換算表
用語集
PACIFIC SOWA CORPORATION / 株式会社パシフィックソーワ